【WordPress】記事の加筆修正にWordPress標準で付いてる「del」と「ins」タグボタンを使いこなす!

  • CATEGORY : WordPress

ひとそれぞれ更新のスタイルが違うと思います(´・ω・`)

自分の場合、過去記事の内容で追記した場合は、そのまま該当記事の記事下に追記していくのですががが

WordPressには標準で「追記」に対して便利な機能があることをぐーぐる先生経由で教えてもらいましたので、自分用のメモを含まめてご紹介いたします( ゜д゜)ノ

文字情報を削除する意味の打ち消し線をつける「delタグ」

ボタンの名前にも打ち消し線がついてますね(´・ω・`)
この「delタグ」で挟んだ箇所は打ち消し線が入り、HTMLコードの意味合いで文字情報を削除したという記載になります。

で、WordPressの「delタグ」ボタンはタイムスタンプが自動で記載されます。

検索ロボット(クローラー)向けにこの箇所を更新しましたっていう記載を自動で追加してくれるので、すごく便利ですね!

追記の意味をつける「insタグ」

こちらも「delタグ」ボタンと同じで、WordPressのボタンを使って挿入するとタイムスタンプが自動で記載されます。

「insタグ」は insert(インサート)の略で、「追加する」などの意味になります。

また追記した情報が別のWEBサイトから参考にして作られた場合に、「cite属性」を追加して、URLアドレスを追記することもできますよ。

まとめ

この「del」と「ins」のタグを使っても見た目には何も影響ありません!(´・ω・`)

でも、検索ロボット(クローラー)向けの情報を作るということは、SEOとしては効果が見込まれるので、機会があるのでしたら積極的につかってみてはと思います。

WordPressでサイト運営しているのなら、目からウロコな機能だと思います(ノД`)

参照サイト:

記事TAG : ,


Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PROFILE

MeteorDrive ネコノ

戦略的な提案型デザイナーとして日夜奮闘しています( ゜д゜)ノ

詳細情報はこちら

Amazon SEARCH

ENTRY RANKING